室内テレビ台にA−Vモニター(AM−120K−110F)を設置しエアストリームのサブバッテリーの充放電(電流、電圧)を監視している。
ソーラーパネル、チャージコントローラー、配線材料の御購入、御質問は是非当社へお問合せ下さい、
取付等に関することも当社 Eメールでウッドペッカー、Eメールでアドバイス致します。
又はFAX0138−50-2614
トップへもどる
エアストリーム サファリ25F ドローバーにバッテリーボックスに収納されている、ブライトスターディープサイクルバッテリー、SMF27MS730(12V105Ah)1個、並列接続で、もう1個は室内前部ソファー床面に収納、合計210Ahでエアストリーム内の12V系の照明、ポンプ、換気扇、FF温風ヒーター、FF温水器、自動追尾BSアンテナ、ステップ灯、常備灯、他をまかなう。
ソーラーパネルUltra85ーP、3枚からエアストリームのサブバッテリー外部バッテリーケース収納内(ブライトスターディープサイクルバッテリーSMF27MSー730)充電専用に使用。室内収納庫上部の壁(右側)にチャージコントローラーMPSCC1220(12V20A)を取付け外部バッテリーに接続。このチャージコントローラーは将来ソーラーパネルの増設が出きるように20Aとなっている、私が使用したチャージコントローラーのなかでは最高級品といってもいいだろう。その下に設置しているBS、CS受信ブースターはエアストのルーフに取付けている自動追尾型BSアンテナに接続されている。BS放送もバッチリ受信。
室内収納庫上部に正弦波インバーター600Wを設置、固定はノンスリップクロスを使用。
室内収納庫下部にブライトスターディープサイクルバッテリーSMF27MS−730(12V105Ah)を設置し収納庫上部の正弦波インバーター専用に接続。
バッテリーの固定はノンスリップクロスを使用。今まで走行中にバッテリーが動いたりという事はない。
今回のソーラーパネル利用方法と設置。(シェルソーラー社Ultra85−P・3枚(255W)使用のソーラーはエアスト側のサブバッテリーを充電する。シェルソーラー社Ultra85−P・1枚のソーラーからエアスト室内で使う100VをDC/AC正弦波インバーター600Wでまかなう。ソーラーパネルは合計4枚(340W)使用する。
ソーラーパネルUltra85−Pを1枚をエアストリーム室内で使う100Vを正弦波インバーター600Wでまかなう(主にBSテレビ、ベットルームテレビなど)。室内収納庫上部の壁にチャージコントローラーSHSー6を取付け、下部収納庫室内にブライトスターディープサイクルバッテリーSMF27MS−730(12V105Ah)を設置する。
ソーラーパネルの配線ケーブルはCV線の3,5スケアー2芯を使用。ソーラーパネルの配線ケーブルは冷蔵庫の排熱
がルーフにある為カバーをはずしそこから配線ケーブルを冷蔵庫本体の裏側に通して外部吸気側から室内へ配線する。
当社で販売中のシェルソーラー社のUltra85−Pを4枚エアストリーム サファリのルーフにアルミ製Z型取付金具を使用し
オールアルミリベットでリベット止めにて取付け、日本シーカ製シーラント227と併用で接着防水し仕上げる。
今回、ソーラーパネル3枚を並列で使用し、1枚はDC/AC正弦波インバーターを作動させる
ブライトスターディープサイクルバッテリー充電用にする。
エアストリーム サファリ 25フィート+
ダッチピックアップトラック4WD
アストリーム サファリ 25フィートにソーラーパネルを取付ける。