太陽電池モジュールSM55のもう1枚はエントランス後方、ジップのオーニング取付位置周辺に平行にルーフから3cm浮かせて取りつけている。
エアストはルーフ中央にルーフエアコンが設置されているので太陽電池モジュールの取り付け位置をルーフの左右前後に取付ける、そうする事で日照時間を多くとる事が出来る。
シェルソーラー社製、単結晶太陽電池モジュール
SM55をエアストのフロントから見て右側前方ルーフから3cm浮かせてアングルで取付ている、エアストのルーフは緩やかな曲線状をしているので、それなりの角度がついている。
SM55(55w)電気出力特性
最大出力・・・・・・・・Pm・・・・・・55w
最大出力動作電流・Ipm・・・・・3.15A
最大出力動作電圧・Vpm・・・・17.4V
短絡電流・・・・・・・・・Isc・・・・・3.45A
開放電圧・・・・・・・・VOc・・・・・21.7V
測定条件(1000W/u。25℃。AM1.5)
次回は外部アンテナ編です。
トップへ戻る
キャンピングカーライフへ戻る
バッテリーはディープサイクルSMF27MS73012V105Aを2個並列で使用。
フロントソファーベット下に搭載されている、真中は米製バッテリー充電器入力AC100〜120V出力30A、
左右の黒色はバッテリーボックスもちろん密閉タイプでバッテリーはフロント下部左右に鍵付き扉をけバッテリーボックスに収められている。
4月22日に当店が代理店の野田ソーラーシステム社の優れもの、高機能ソーラー充電用チャージコントローラーSCC1212に取り替る。このチャージコントローラーは他社の物より性能は良い、太陽電池モジュールは単結晶SM55をルーフ前後に2枚搭載済み約110W
エアスト・ソバーリン21Fに搭載してあった米国シーメンス社のソーラーチャージコントローラー電圧計、チャージ電流計付きだが、最近調子が悪い。
このスイッチをOFFにすればバッテリーからの放電を防ぐことができる。
電装編(太陽電池モジュール(ソーラーパネル)、チャージコントローラー配線他)
エアストリーム・ソバーリ‐ン21fを斬る!