スコンの冷蔵庫をソーラー発電で作動させる
エアストリームソバーリン21Fにソーラー発電を取付ける。
エアストリームサファリ25Fにソーラー発電を取付ける。
使用器材及び配線材:太陽電池モジュール(シェルソーラー社製SQ80−P)チャージコントローラー(モーニングスター社製SHS10)正弦波インバーター(電菱製12V/AC1500W)アルミアングル3×35×35,オールアルミリベット、配線材(CV線3,5スケア×2芯)シーリング材(シーカフレックス227)、ステントラスタッピング4×25、
トップへもどる
スイフトチャレンジャー490LSEにソーラー発電を取付ける。
正弦波インバーター100V出力ダブルコンセントを配線しダイネット側面下部に取付ける。
正弦波インバーターリモートコントロールを配線しダイネット座席下に取付ける。
運転席後部壁面に正弦波インバーター(DC12/AC1500W電菱製)を固定する。
運転席後部壁面にチャージコントローラー(SHS10)を固定しサブバッテリーのマイナス側CV線をチャージコントローラーのバッテリーマイナスに配線し次ぎにプラス側CV線を配線する、最後にソーラーパネルのマイナスCV線を配線してからプラス側CV線を接続する。この配線順序を間違わない様にする。
サブバッテリーから正弦波インバーターへ22スケァでマイナス、プラスを最短距離で配線する。
ソーラーパネルからのCV線を壁にサドルで固定する。
ソーラーパネルからのCV線を上部収納庫壁面にモールで固定する。
使用目的:太陽電池モジュール80W×2枚/12V並列接続でサブバッテリーの充電及び正弦波インバーターを使用する
タイオガ外壁から室内へソーラーパネルのCV線マイナス、プラスの配線を通し配線はモールとシーリングで漏水が無い用にする。
ソーラーパネルの配線を並列接続しルーフから外壁に引き込む、CV線はモールで保護する。
ルーフ上のソーラーパネル2枚をCV線で並列接続配線をする。タッピング頭部にもシーリングを施し漏水を防ぐ。
ソーラーパネル受けアルミアングルを浮かせた状態でルーフをシーリングし固定しステンレストラスタッピング4×25ミリでさらに固定する
アルミアングルは上記の写真断面の様に重ね下穴を250mm間隔にあけアルミリベットで固定する。
ソーラーパネル1枚SQ80−P、下にアルミアングルをステンレス六角ボト、ナット(6×15o)で固定しルーフ前方に設置する。
アルミアングル3×35×35長さ530oに切断しルーフ取付け穴とソーラーパネル取付穴をあける。
アメリカ製Cクラスキャンピングカー・フリートウッド
タイオガ25フィートのオーナーにソーラーパネル他取付工事を依頼される。
Cクラス・フリートウッド・タイオガ25Fに ソーラーパネル他設置する。